「美容」を意識しながらご飯を食べていても、なかなか十分な栄養をとれない事があります。

自分も出来るかぎり外食などを控えて夜ご飯は手作りするようにしていますが、残業でヘトヘトになっていてご飯が作れない事も多いです。

なので、不十分な栄養成分はサプリメントで摂取するようにしています。

ワタシが飲んでいるサプリメントはビタミンのマルチサプリとミネラル系サプリメントの2つだけ。

どちらも、三十日分入って1000円もしないサプリメントですので、日々摂っていても家計に響かないのも嬉しいところです。

マルチビタミンとミネラル系サプリメントを飲むようになってから、疲れ気味であっても翌日の肌に響かなくなってきました。

頬のあたりにあったちっちゃなシミも薄らとしてきていい感じです。

目のあたりのくまも無くなりいきいきとした表情になりました。

栄養補給剤は毎食後摂取するだけのお手軽なケアですので、「この頃肌の調子がいまいちだな?」と気にしている人は取り入れてみてはいかがでしょうか。

最近、朝いちに何気に自分自身の顔を見たら、シワだらけで、その酷さに立ち直れなくなっていきそうなので、顔面エクササイズをはじめてみました。

まず最初に口を軽く開け、口角をぐっと上げてスマイル。

そのまま、口も目もすごく大袈裟な感じでア行を言っていきます。

大きなアクションで、ゆっくり一音一音声出ししながら行うのが重要なところです。

二つ目は細目体操。

細目にして、下まぶたを持ち上げるようにします。

最後に、気になる法令線を消す運動です。

これはベロを頬のうち側から、法令線をとりさるように押し出します。

歯に沿って、左右ともに5回ずつぐらい回していきます。

それが終わったら大口をあけて、舌を目一杯突き出し、オマケでベロもチェックします。

これまでは朝から元気のないシワが目立つ顔面でしたが、このトレーニングを行うようになって一ヶ月以上経ち、なんだか輪郭がシャープになり、法令線も薄くなってきたようにも思えます。

朝イチでスマイルフェイスにすると、それだけで脳ミソが幸福感を得るので、ハッピーに過ごせます。

美肌作りの一環で、軽食として素焼きナッツなどを摂っています。

パソコン作業をしているので、ついついダラダラとスナック菓子をつまんでしまい、自己嫌悪に陥ることもよくありました。

ナッツならば、おなかにもたまるので、少し食べただけでもお腹がいっぱいになり、加えて美容にいい栄養素もも多く含んでいます。

過食するとニキビが出来る時もありますが、適切な摂取量ならば、日頃から補いにくい栄養を効率的に摂取することができます。

「糖質は少なめ」なので、痩せたい時にも最適です。

「アーモンド」「カシューナッツ」「胡桃」と組み合わせて、1日30g程を口にしていますが、たまに珍しいナッツ類も混ぜたり我慢できないくらい甘いもんが食べたいときには、ハニーナッツやカカオコーティングされたアーモンドなどをちょっとだけ口にしています。

甘みがビターチョコだったら、「ポリフェノール」等も摂り込みやすいので、美容効果も増します。

ナッツ類は選ぶ楽しみもあり、いくつもの木の実の旨みを堪能できると満足感があり、飽きずに続けられるのですごくいいですよ!
あたしが美肌になる為に積極的にしていること、その1つが食事の時たんぱく質をしっかり摂ることです。

昔は野菜さえきちんと食べていれば美肌を保てる、と頭から信じていました。

それなのにつねにカサカサ肌で乾燥しやすく、顔色もなんとなく悪くとてもきれいとは言えない状態でした。

今から思えば、元々タンパク質が多い肉類や魚介類を進んで摂っていなかったことが原因の一つだったと思います。

特に肉はデブになるから、と敬遠していました。

たんぱく質も身体の若さを保つために必要な栄養素だとは、あの頃は知りませんでした。

ですから虚弱体質で、常に血圧も低く疲れやすかったので、いっそうお肌の調子も良くなかったのかもしれません。

今では野菜を主に、確実に肉類や魚介類、卵類や豆類など、タンパク質を含む食べ物を忘れずに食事で摂るようにしています。

この食生活を続けるようになったら、お肌にハリが出て前に比べてかなり色つやがよくなってきました。

満遍なくきちんとバランス良く食べることが、いちばんの美容法だと身をもって知りました。

茹だるような暑さが続き、差すように降り注ぐ太陽ばかり見ていると紫外線が多過ぎて嫌になっちゃいます。

お肌にとって紫外線は大敵!日やけ止めジェルを塗りその上にUVカットファンデーションをつけているのですが汗で崩れてしまって悲惨。

塗り直しを何度してもかいた汗と一緒に崩れてしまって、毎日、汗と紫外線との争いです。

それから、気をつけるべき箇所が首のうしろと胸元。

UVカットクリームを塗りその上に肌を見せないように配慮したつもりで出かけますが、帰ってきたら赤く火照っていることも。

ですので、お風呂から出たら、日焼けのクールダウンも兼ねて、シミ、ソバカスを防ぐボディミルクを塗るようにしています。

もちろん基礎化粧品もホワイトニングタイプのものを使い、十分にスキンケアをしています。

どんなに日に焼けないようにがんばっても、やはり日焼けしてシミやシワをつくってしまうことになります。

更に、疲れが溜まると一段とシワが目について、お顔にたるみが出てきます。

そんなときは熱めのお風呂にゆっくり使ってお顔を揉みほぐしているとリフレッシュされお顔も気分もサッパリします。

にきびが出来ないように、お風呂で洗顔は終わりの方にしています。

思春期の頃、にきびを気にしていて、あれやこれやと情報を集めると、お風呂での洗い方の順番が書いてる記事を読みました。

顔を洗ってからシャンプーで髪の毛を洗うと、折角きれいに洗った顔に皮脂汚れなどを含んだ泡や、シャンプーコンディショナー自体が付着したままになり洗顔の意味がなくなってしまうそうです。

それが顔に残っているとバイ菌が増殖しニキビの原因を作ってしまうそうです。

確かに言われるとそうなんですよね。

実際私の場合あの頃顔を洗って体を洗って、汚れが落ちた体で風呂に一度浸かって温もってから最後に髪を洗ってました。

この洗う順番がニキビを作る要因の一つだと思ってその日に順番を変えました。

同様のことから背中や胸のにきびの原因になると思って、洗う順序を髪~からだ~顔に変えました。

あれ以来長いことこの順番で洗っているけれど、ニキビは本当にできなくなりました。

顔のにきびは高校生ということもあったと思いますが、体にできるニキビはびっくりするほど減りました。

パターンを見直せば毎日だって大変なことはなくずっと継続することができるので元から改めることにもなってかなり良くなりますよ。おすすめです。